2021年7月31日土曜日

夏休み!はじまって!

本格的に夏休みが始まって1週間と少し経ちました。


夏休み特別体験入所で来てくれた4名の児童もすっかり馴染んでくれています。



夏休みはイベントもいっぱい!


【スーパーボールすくい大会】では、1年生から6年生が真剣にスーパーボールをすくってその重さを競い合って楽しんでいました。

次の日とが遊ぶ為のポイに紙を貼ったりタイムキーパーをしたりといったことも自主的に手伝ってくれました。







【自治会館で遊ぼう!】では、近所の自治会館を借りてみんなでサバイバルゲーム形式のボール当て合戦で盛り上がりました。


ボールは自治会館を傷付けないようにする為、新聞紙と軍手です。

ゲームを始める前にみんなで作りました(笑)





児童17名参加の2チームに分かれてのバトルは、勝敗が「2ー2」と白熱しました。

最後の決勝戦終盤での生き残りは6年生女子と4年生女子の2名でしたが、4年生女子が接戦の末に見事6年生を倒して優勝しました。




よっぽど楽しかったのか、「次の自治会館を借りられる日はいつなの!?」と聞いて来る子が多数いました。




夏休みはイベント以外にも色々と楽しんでいます。


人狼ゲームといった遊びも時間がたっぷりあるので長い時間遊べます。

誰が人間にまぎれたオオカミかを当てるので大盛り上がり!




夏前からのブーム、卓球も毎週のように大会が開かれています。





手作りおやつには体験入所の児童も大喜び








そんな中、


 「なんか夏の思い出!みたいな楽しいことしない?たとえば映画作りとか!?」


といった支援員の一言から、やりたい児童で集まって映画製作をすることとなりました。



監督は中心となっている6年生児童です。



ようやく台本もでき、毎日のように練習やリハーサル動画を撮ったりして真剣です。

撮った動画を確認し、「今のシーン、もう1回やらせて!」とこだわりを見せる子も多くいます。





役になりきる為、衣装や小物を個人(家庭)で用意する児童も多く出てきました。



「〇〇さんの映画でも撮らない?という一言が、俺の夏休みを最高のものに変えてくれたんだよ。」


というクサイセリフがポロっとでるくらい、児童たちは映画作りが始まったことで充実しているようです。


児童にとって思い出に残る作品、そして夏になってくれるといいなと思い、支援員も編集作業やサポートを頑張ってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

杉の子キャンプ2022⛺

 7月の後半に、約3年ぶりとなる杉の子キャンプに行ってきました。 場所は山梨県の道志の森。 道も空いてるので予定より早く到着しました。 3年ぶりでも覚えてくれているキャンプの管理人さん。 2泊3日でお世話になりました。 調理は1日目にカレーを作ってカレーコンテスト! オリジナルの...